1. ホーム
  2. むくみ体験談
  3. ≫むくみは体重を減らすと治った!私がしたダイエット法

むくみは体重を減らすと治った!私がしたダイエット法

mukumi-taikendan-10

本当にこれまでは辛い日々でした・・ある一定の距離を歩くと「むくみ」になっていたからです。

しかし、食生活の改善だけで、現在私は45歳という中年期の真っ只中であるにもかかわらず、見違えるように改善し、多少の距離を歩いても、距離にして10Kmくらいは普通に歩けるようになりました。

辛い!歩くとむくみになる、原因は受験勉強

私がこれまで、歩く際においてのむくみになり始めたのは、司法試験の勉強をし始めた2003年、30代の頃辺りからでした。

連日の新聞配達やその際における集金で運動はしていたのですが、合間を割いて勉強を長時間していた事で、いわゆる受験太りの肥満体質になってしまいました。

その時の体重は95㎏程度はあったような記憶があります。元々痩せていた体格でしたが、やはり仕事と勉強中でのストレスなどがあったりして、その解消のためにただでさえ不規則な生活環境の間で、間食やご飯の甘いものの過食が進んでしまい、そのため肥満症になってしまったような感があります。

そして、ついにある時、2006年の司法試験が終わった帰り道に、足が重くなり歩くのが辛くなる感覚に見舞われました。確かその時はちょうど受験地であるこちらの九州圏内の福岡県の福岡市内にある天神地区の地下アーケード街を歩いていた時だったと思います。

9年間の不規則な生活からの開放!よし、ダイエットしよう

おまけに、その歩き辛さでの際に足が重くなり、しまいには感覚な無くなるという流れでした。

さすがにこれはたまらないと思い、道沿いにあるベンチなどで座りながら、休み休み移動をしながら、打ち合わせをしていた、試験以外での用事の、約束をしていた出反社を訪れた記憶があります。

そうした状態が2006年を起点として約6年間も、長く続くことになります。座ったり、あるいはバイクや軽トラなどに乗り配達などに従事したりしているような間は問題はありませんでしたが、ある一定の距離を歩いたりすると、どうしても足がむくみ歩けなくなるといった状態が頻発をする日常になりました。

2012年に、試験制度自体が変わった事をきっかけにして受験を諦めた年に、それを境として約9年間にもわたる不規則な生活から来た肥満の体型改善へと努める事となりました。

むくみの改善方法!体のあらゆる不調を呼吸法で改善

なるだけ人間本来の様々な面での負担の無い生活環境に関しての改善の試みというものを行うようにして、むくみの解決方法を考えました。

やはり単なる運動不足などでは無く、不規則な生活面からくるストレスで体内のあらゆる神経面へと余計な負担が掛かり、このためとくに足の第二関節部分への悪影響が来ていたという事を、様々な方面から調べてみてわかりました。

事実、その調べた医学書にあるような、めまいなどにも見舞われたりしていましたので、このままではさすがに危ないと思い、何らかの対策を立てる事にしました。

ある日、TBS系のあの中居正広さんが司会をしている「金スマ」で、元俳優をされていた三木良介先生が独自に編み出した『ロングブレス呼吸法』というものを目にしましたので、それを家で行う事にしました。

むくみ改善に1年間を使う!今ではほとんど、むくみません

そして体調や時間間隔を人間本来のものに取り戻すために、それまでやっていた新聞配達と電子部品組み立ての仕事を辞めて、しばらくの間は無職者でいながらそれに専念をしていく事に決めました。

幸いな事に、その頃から私はAndroidのスマートフォンを使用するようになっていましたので、それで内職をしながら、ロングブレスで体型やむくみへの対策に約1年間、専念する事になります。

やり始めてから体重が見る見るうちに減り、翌年の2013年の12月あたりにはそれまでの90kg台の体重が60kg台半ばとなり、約1年間で30kg以上も減り、現在までに至るようになります。

現在もその体重と体型を維持しており、歩くときのむくみもほとんど無くなりましたので、ダイエットして痩せて良かったと思います。

Pocket